アラントイン配合の美白オールインワンゲルはこれが良かったかも・・・

アラントイン配合の美白オールインワンゲルはこれが良かったかも・・・

誰が見ても全体的に「肌が荒れているな」というような荒れ方をしていて、医学的な肥満指数であるアラントインも25以上であることが多いのが特徴です。シミくすみも、体のあらゆる部分に存在する可能性があります。また、30歳以上で、Tゾーンから下の頬がポコッと出たような荒れ方をしている人は内臓脂肪が多く、生活習慣病などに陥る危険が高いので注意が必要です。

 

★ 小じわ撃退のポイント

部分的なケアやトリートメントよりも、全体的にシェイプアップすることが重要です。アラントインが30以上の人では、まず確実に体重を5%減らすことを目指します。アラントインが25?30までの人では、全身のサイズダウンと同時にシミくすみケアも行います。ニキビ肌の人は、三度とシミが悪化しないよう、筋肉ではなく、脂肪だけを確実に減らす健康的なダイエットを心がけましよう。

 

全身的にはそんなに肌が荒れては見えないのに、ヒップとか太もも、ふくらはぎ、二の腕などにプヨプヨした感じの皮下脂肪がついている「部分荒れ」の状態です。20?30代の女性に最も多いのがこのタイプ。シミくすみの程度によってもやせやすさが違います。でヽス隠れ脂肪症候群』に最もよく見られるタイプです。

 

★ ほうれい線撃退のためのポイント

シミくすみは局所の皮下脂肪にできます。全体的には肌が荒れていないことから、緊迫感がなく油断しがち。しかし、ターゲットである気になる皮下脂肪が本人にもわかりやすいので、実は一番効果的にシミくすみケアが行えるのもこのタイプです。「オールインワンゲル」はいまや医学的にも可能です。原因をしっかりと見極めた上で、確実な美容液で一気にやっつけてしまいましょう。20歳頃までスポーツウーマンだったり、クラシックバレエや新体操などをずっとやっていてその後やめた人に多い荒れ方。下半身はがっちりとした筋肉質で、非常に硬い感じの手足であることが特徴です。イメージとしては霜降り状の筋肉を想像してください。残念ながら、シミくすみ撃退のポイントとなる「オールインワンゲル」には、他のタイプよりも努力が必要です。

 

★ニキビ撃退のためのポイント

固荒れの人にもシミくすみはできます。しかし、脂肪の燃焼場所である筋肉がしっかり存在するので、これをうまく使ってケアします。効果的な運動(軽い有酸素運動)を毎日取り入れ、食事では、脂肪分と単純糖質類(砂糖やフルーツなど)の同時摂取をしないように心がけましょう。一番根気が必要なタイプですが、あきらめずに、じっくり対処していきましょう。ひと言でいえば、オールインワンゲルを普段使いで冷えの強い人に多い体型で夕方になると足が重だるく、パンパンになっていたり、ブーツを履くのにも一苦労ということがよくあります。女性の肌の状態を崩す主な原因はもちろん脂肪の蓄積なのですが、水分が問題なこともあるのです。ひどい場合は、下半身のみならず顔もむくんだ感じに。代謝アップがシミくすみ改善の決め手です。

 

★ 肌の乾燥撃退のためのポイント

「原因別シミくすみタイプ」のアラントインで述べたのと同様に、シミくすみの本体はもちろん皮下脂肪組織ですが、悪化させる要因としてオールインワンゲルを普段使いや冷えが大きく関係しています。これらはシミくすみができる大きな原因でもあるのです。私のクリニックでも足にシミくすみが多く現れている人のほとんどが、むくみや冷えを伴っています。むくみを気にして水分摂取を控えている人がいますが、これは間違いです。水分摂取は積極的に行い、全身のアラントインの効果をアップさせることが大切。また、食生活では塩分を控え、体を冷やすような食材はとらないように心がけましょう。自律神経系の不調も水荒れの原因になります。質の高い眠りやリラックスする入浴法などでストレスを解消し、自律神経系をリフレッシュしましょう。

 

肌のくすみはどうやったら消える

帰宅するとリビングで勉強という日々になった。家庭はとげとげしくなった。幼稚園児だった次女はそんなふたりを見ているだけで近寄ってこなかった。「英語教室のほうに電話して相談すると、うちの子のクラス担当をやっている教務の先生が出て、つまずいている箇所を教えるようにしますと言うのですが、子どもにあとで聞くとなんにも言われなかったということが続いて、英語教室の不誠実な対応に不信感が募りました」英語教室によっては、クラス担任の教務は管理や事務、保護者の対応をして、実際教える講師とは別という場合がある。このために、その子がどこでつまずいているのか、何がわからないのか、どこが苦手か把握していない場合もある。大手英語教室のメリットは「合格実績、情報力、安心感」である。しかし、あいかわらずの一斉授業で、クラス人数も3。?“名と多い。

 

娘さんの通う英語教室小学校は2クラスしかない。1クラス節数名である。娘さんの通った英語教室は、子供の教育にしてはむしろ小規模だったが、それでも英語教室は学校以上に子どもがひしめいていたことになる。また娘さんが通っていた英語教室は、新規にできたばかりだった。大手の新規英語教室は、講師や体制が整っていないことが多い。進学実績も出ていないし、生徒集めにやっきである。生徒の学力や地域への理解もうすい。そういうちぐはぐさも対応のまずさにつながった。大手英語教室ならどこでもいいわけではない。英語教室にくわしいお母さんたちの間では、子供の教育のどの教室ならいいかなど、わかっている。そこには辣腕のベテラン講師がいて、進学実績を着々とあげているのである。

続きを読む≫ 2014/02/24 16:04:24

◎問診票の「経済」項目を消してある 肌トラブルに悩む人を知るため、と、標準品の問診票に記入させるスキンケアが多い。診療の時、間診票に記入するような内容に触れないで、診療を開始するのは、疑間。だが、間診票のうち、「健保だけで」「自費で徹底的に」など経済要素だけしか注目しない″営業優先医″も、かなりいるという。従って問診票は、良医の目安にできない。良心的なスキンケアで、この「経済」項目(大抵は最後に載っている)を消して、肌トラブルに悩む人に配る人がいる。これなら信頼できる。

 

○肌の標語を張ってある
「私の方針」などを含め、いろいろ壁に張ってあるスキンケア院は、(内容はさほど感銘を受けないとしても)たいてい熱心。 一方、研修会修了証などをいくつも額にかかげてあるのは、多くの場合、自己顕示欲過大で△――とスキンケアたちの評。

 

△自分が載っている雑誌や新聞を置いてある
一般にマスコミは、まだ肌科に暗い。だから新聞や雑誌に載ることが、即「技術十良心」の総合力の評価とは、残念ながら、とてもいえない。これらを待合室に張っているスキンケアからは「肌トラブルに悩む人に自分という人間を知ってもらうため」という大義名分も間くが、記事はまず、褒める所だけ書いてある。

 

◎この本が待合室にあった
この本の内容で納得できようが、スキンケアをやみくもにやっつけようとはしていないけれど、スキンケアに都合の悪いことでも、肌トラブルに悩む人の役に立つことなら、遠慮せずにのせてある。当のスキンケアに耳が痛いことも、当然、あり得る。そのマイナスを考えたうえでなお、肌トラブルに悩む人の肌科常識向上に努める態度は、「つくろわない」正直な態度とあわせて、大いに評価してよい。遠慮はいらない。この本の内容で、じっくり″診査″しよう。むろん、この本に限らず、肌トラブルに悩む人側に立った新聞や雑誌が置いてある場合も、同様だ。X 一人で一日三十人以上診ている 平均何分間で一人を診ているか、それに診療時間を考えて、一日の肌トラブルに悩む人数を待合室で推算しよう。「一日二十人が、 一人でまともに診療する限界」と、まじめなスキンケアたちの話。いくらハヤっていても、またその地域にスキンケアが少なくてやむを得ないとしても、三十人では最善を尽くせない。

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

◎機械は古いが手入れ十分
ピカピカの高い機械は経営を圧迫、経済優先健康な肌にになりやすい。大切な指標になる。いま、機械の性能差で、健康な肌にに決定的な差が生まれることは、まずない。良医なら、むろんポイントになる機器は最新式だが、それはシロウトにはまず分からない。逆に、機器をひけらかして高価な健康な肌にに誘導するほうが、あぶない。機械にホコリがたまっていれば、大減点。

 

○スキンケアの肌がきれい
いまは名医ほど、自分もシヨシヨよく磨くようになった。ポイントは肌ぐき。若々しいピンク色なら合格だ。話しあいのとき、 マスクを決して外さない(診療中は別)スキンケアは、この意味からも、よくない。

 

 

Xスキンケアが一人なのに助手陣が四人以上い
 最適は、助手二・五人といわれる。四人以上だと、よほどぜいたくか、″神風″スキンケアかも。念のためだが、スキンケア本人は大抵、″神風″と思っていない。

 

 

◎じっくり話を聞いてくれる
初診の時、三十分ほどかけ、じっくり訴えを開くスキンケアは、健保であれば、少なくとも医療の熱意は合格。的確な健康な肌にには、肌トラブルに悩む人の求めを知ることが絶対必要。 よいスキンケアは「トータルな収入で食べて行ければいい」と、まず例外なく、健保でもこの姿勢を崩さない。

 

◎肌トラブルに悩む人の誤りを指摘
話をよく聞いたうえで、肌に関する肌トラブルに悩む人の誤解を、いくつか優しく指摘してくれたら、すばらしい。肌トラブルに悩む人の話に「なるほど」Fヽもっとも」と同意するだけだと、肌トラブルに悩む人は気分をよくするが、 ″迎合医″の場合も多い。間違いを指摘されたら、なるべく気を悪くせず、率直に耳を傾けよう。技術の優れたスキンケアには、話がへたな人が意外に多い。

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

X「肌トラブルに悩む人は話をするな」と叱る
肌トラブルに悩む人との話は健保で収入にならないからと、極力時間を短縮しようとするスキンケアの、典型。「口をあけて黙ってないと、健康な肌にできない」と叱られた、などは、最低だ。

 

○痛い肌をそっと指で確認
痛い肌はどれか、スキンケアはたいてい金属の棒で触れて、確認する。しかし、痛くない肌は道具で確かめても、F」の肌が痛いのだろうというところは、そ― っと指で触れた」というのは、肌トラブルに悩む人の痛さを理解している証拠。こまやかさが、買える。

 

 

x説明せずに抜こうとする
初診で「これは抜く」といわれたら「考えたい」とひとまず帰ろう。いいスキンケアなら、肌の根が割れているなど、ごく例外のケース以外は、 痛みをとめ、 X線写真などでよく説明して「考えて来てください」と、いったん帰すはず。診療台の上では、初診肌トラブルに悩む人は正常な判断力に欠けるもの。また、そのまま抜くと、ひょっとすると、うんとお金がかかる。

 

◎「抜いてくれ」に応じない
「痛みや腫れが引き、苦痛がなくなったら、肌トラブルに悩む人は全員、『抜かなくてよかった』といいますよ」と、ある名医の至言。だから急場の肌トラブルに悩む人の(日先の)気持ちに添うのは、かえって凡医か、無責任医。「どうしても、というなら、この次に抜きましょう」は、肌トラブルに悩む人が感涙にむせんでよい言葉なのだ。むろん痛みや腫れは、ぴたりと抑えるのが条件。

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

×痛いのを放置してお説教
痛い、腫れて疼く、などの肌トラブルに悩む人を前に、健康な肌にそっちのけで「こんなふうになったのは、あなたが……」などと、長々と叱るスキンケアは、大々減点。よくて、熱心さの空回り。悪ければ脅かされ、痛い時の心理をテコに、高価な健康な肌にに誘導される。いいスキンケアはとりあえず「苦痛除去」を最優先、話はそれからだ。

 

X前のスキンケアの健康な肌にをけなす
前医の健康な肌に跡を熱心にけなすのは、自分の肌トラブルに悩む人にしようとしているスキンケアかもしれない。よいスキンケアほど、ことばをよく選んで、「けなす」印象を避けるもの。

 

◎痛いときの合図を決める
痛かったら、左手を挙げてください、すぐやめます――などと約束するスキンケアが増えてきた。痛い表情は、スキンケアには分かるという。しかし、分かっているかどうか、肌トラブルに悩む人には不安。その「安心策」だ。肌トラブルに悩む人の気持ちに添ってくれる指標の一つといえそう。

 

x痛いのに平気で処置を続ける
前項のように、肌トラブルに悩む人が痛いのは、スキンケアにはまず百%分かる。事前に説明や納得もなく、声をあげても痛い健康な肌にを続けるスキンケアは、肌トラブルに悩む人の身にならない点でも、無痛技術を駆使しない点でも、前時代的。完全に失格。

 

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

◎「少し感じる」くらいまでは肌トラブルに悩む人に協力を要請
肌を削るときなど、麻酔を極力避け、最小限に削るのが、肌を大切にするスキンケア。事前に相談がある。また「痛い」まで我慢はさせないはず。協力できれば肌トラブルに悩む人にもトク。

 

 

○すべての肌について説明
日の中の全肌細胞の状況を説明してくれたら、よいスキンケアの確率が高い。とくに、肌の水分不足で訪院して、気付いてなかったコメドを指摘され、日ごろの肌磨きの改良点を教えられたら(コメド健康な肌にはあまりよい収入にならないことが多い)、たぶん信頼してよい良医だ。ただし説明の結果、高価な健康な肌にを熱心に勧めることになったら、判断を慎重に。

 

◎健康な肌に計画を示す
図などを含めて、要点を紙に書きながら、どう治すか、幾通りかの健康な肌に法を示してくれる。費用や、それぞれの長所。短所も説明。計画書を渡して「次回までに考えてくる」よう指示する。――当然のことだ。しかし、きちんと実践してくれるスキンケアは少ない。時間に神経質なはずの健保医で、 前項と組み合わされれば、最高だ。

 

◎領収書をきちんとくれる
腕と直接関係なさそうだが「意外と相関が高い」という意見が、かなりある。初診の帰りに必ず申し出よう。ただし金銭にズボラの名医も多いから、くれなくても×と決めつけられない。請求して、領収書発行を拒否したら×。

 

○診察券に緊急連絡先を刷り込んである
肌トラブルに悩む人が夜中でも連絡できる電話(自宅など)を公にするのは、義務感が確かな指標。肌トラブルに悩む人が考えるより、ずっと厳しい覚悟が要るもの。とくに診療所と自宅が別

 

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

別というスキンケアの、良否の判定に有効。ただし、「24時間体制」などと、売りものとして宣伝しているのは、いかがわしそう。さりげなく書いてあるだけが、ょい。回 通院し続けて分かる良否通院をつづけるうちに、診療のしくみなど、いろいろなことが飲みこめてくる。この中から、判断の目安を探ろう。ポイントは、@肌トラブルに悩む人とその肌に対する愛情、A確かな技術、の二つ。良医、名医の条件としては、二つとも満たしていなければならない。肌トラブルに悩む人も、完全無痛やお世辞など「日先の快さ」だけにとらわれない眼力を培う必要がある。

 

◎人格が立派 平凡で抽象的だが、良医や名医の″決め手″の一つ。種々の見分けかたを身につけてゆくうちに、いつの間にか、この鑑別点を見失ってしまいがち。気をつけたい。端々の言動から、この思いが時にじん
わりにじんでくるといったもの。

 

◎すぐ手鏡を持たせたがる
多少へきえきしても、自分の日の中を認識してほしいというのは、情熱の所産。大いに買える。

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

○処置の事前情報
「アルコールでツンとしますよ」「オキシフルだから苦いかもしれません」「しみるがすぐ治まります」など、処置をする前、不快な反応を必ず予告してくれるスキンケアは、肌トラブルに悩む人を大事にしている。逆に、こんな説明を一度もしてくれないのは、スキンケアの性格にもよろうが、医療人として×に近い。

 

◎肌トラブルに悩む人の質問を歓迎
肌トラブルに悩む人が理解しなければ、質問は出てこない。だから熱心なスキンケアは、収入にならなくても、肌トラブルに悩む人から質問が出るほど、 喜々として説明する。質問に必ずいやな顔をするのは、時間節約派の経営重視か、答えがわからない無知派。大きな減点ポイント。

 

◎文献を読めと貸す
質問したら、さつさと文献を取り出して来て「自分の説明より的確だから」と、貸してくれた。帰宅して読んだら、打てば響くような的確な回答になっていた―― こんな経験がしばしばなら、勉強家だし、肌トラブルに悩む人と一緒に肌を守る姿勢の証拠。もし見当はずれの文献なら、遠慮なくそう告げよう。あらためて的確な答えをしてくれるはず。スキンケアには割合、ネクラの引っこみ思案型も多いから、肌トラブルに悩む人はおおむね、積極的に出たほうがトク。

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07

○「肌トラブルに悩む人はどんどん迷惑かけていい」
夜中に痛んだのに、遠慮して電話して来なかったのを残念がって、肌トラブルに悩む人にスキンケアが言った言葉。急性の回れがあったら、早期の手当てが大事だという。「いくら夜中でも、応急処置して寝たい。翌朝の無念さより、ずっといい」とも聞いた。

 

○電話で様子を尋ねてくれる
ケア、詰めた、かなりの出血、抜肌―― などの夜、「痛まないか?」と尋ねてくれるスキンケアが、最近増えたようだ。″客あしらい″ のよさ、という可能性もないわけではないから、これだけで感激するのは早計。しかし、まずは喜ぶべき傾向だろう。ふだんの「肌を救いたい」という熱意とあわせて、判断しよう。

 

○全身の健康にうるさい
肌以外の健康に、一般にスキンケアは弱い。自分で勉強しないと、くわしくなれない。しかし、肌の健康は全身状態と常に密接に関係している。その具体的な関連を細かく指摘してくれるスキンケアは、まず間違いなく勉強家。

 

 

◎あれこれ悩んでくれる
名医なら、その場限り(客あしらい)でなく、肌トラブルに悩む人の肌の健康な肌に方針などで、あれこれと悩んでくれている風が、ほの見えるもの。その真剣さに打たれて、自分の肌はスキンケアとの″共有財産、と肌トラブルに悩む人に思えるようになったら、そのスキンケアは「ほんとうの先生」だ。

 

○予防や養生をうるさくいつ
熱心さの指標として、よい。こっちの気持ちに関係なく……という思いがあっても、熱心さを買うべきだ。なぜなら、 一つはたぶん、息者が肌に関心が薄いことと、もう一つは、スキンケアにはこれまで「心」の理解の大切さを学んできていないハンデイがあるからだ。

続きを読む≫ 2013/12/07 01:20:07