夜中に痛んだ肌は修復される

夜中に痛んだ肌は修復される

○「肌トラブルに悩む人はどんどん迷惑かけていい」
夜中に痛んだのに、遠慮して電話して来なかったのを残念がって、肌トラブルに悩む人にスキンケアが言った言葉。急性の回れがあったら、早期の手当てが大事だという。「いくら夜中でも、応急処置して寝たい。翌朝の無念さより、ずっといい」とも聞いた。

 

○電話で様子を尋ねてくれる
ケア、詰めた、かなりの出血、抜肌―― などの夜、「痛まないか?」と尋ねてくれるスキンケアが、最近増えたようだ。″客あしらい″ のよさ、という可能性もないわけではないから、これだけで感激するのは早計。しかし、まずは喜ぶべき傾向だろう。ふだんの「肌を救いたい」という熱意とあわせて、判断しよう。

 

○全身の健康にうるさい
肌以外の健康に、一般にスキンケアは弱い。自分で勉強しないと、くわしくなれない。しかし、肌の健康は全身状態と常に密接に関係している。その具体的な関連を細かく指摘してくれるスキンケアは、まず間違いなく勉強家。

 

 

◎あれこれ悩んでくれる
名医なら、その場限り(客あしらい)でなく、肌トラブルに悩む人の肌の健康な肌に方針などで、あれこれと悩んでくれている風が、ほの見えるもの。その真剣さに打たれて、自分の肌はスキンケアとの″共有財産、と肌トラブルに悩む人に思えるようになったら、そのスキンケアは「ほんとうの先生」だ。

 

○予防や養生をうるさくいつ
熱心さの指標として、よい。こっちの気持ちに関係なく……という思いがあっても、熱心さを買うべきだ。なぜなら、 一つはたぶん、息者が肌に関心が薄いことと、もう一つは、スキンケアにはこれまで「心」の理解の大切さを学んできていないハンデイがあるからだ。