アルコールでツンとする

アルコールでツンとする

○処置の事前情報
「アルコールでツンとしますよ」「オキシフルだから苦いかもしれません」「しみるがすぐ治まります」など、処置をする前、不快な反応を必ず予告してくれるスキンケアは、肌トラブルに悩む人を大事にしている。逆に、こんな説明を一度もしてくれないのは、スキンケアの性格にもよろうが、医療人として×に近い。

 

◎肌トラブルに悩む人の質問を歓迎
肌トラブルに悩む人が理解しなければ、質問は出てこない。だから熱心なスキンケアは、収入にならなくても、肌トラブルに悩む人から質問が出るほど、 喜々として説明する。質問に必ずいやな顔をするのは、時間節約派の経営重視か、答えがわからない無知派。大きな減点ポイント。

 

◎文献を読めと貸す
質問したら、さつさと文献を取り出して来て「自分の説明より的確だから」と、貸してくれた。帰宅して読んだら、打てば響くような的確な回答になっていた―― こんな経験がしばしばなら、勉強家だし、肌トラブルに悩む人と一緒に肌を守る姿勢の証拠。もし見当はずれの文献なら、遠慮なくそう告げよう。あらためて的確な答えをしてくれるはず。スキンケアには割合、ネクラの引っこみ思案型も多いから、肌トラブルに悩む人はおおむね、積極的に出たほうがトク。