放置してお説教はないわ

放置してお説教

×痛いのを放置してお説教
痛い、腫れて疼く、などの肌トラブルに悩む人を前に、健康な肌にそっちのけで「こんなふうになったのは、あなたが……」などと、長々と叱るスキンケアは、大々減点。よくて、熱心さの空回り。悪ければ脅かされ、痛い時の心理をテコに、高価な健康な肌にに誘導される。いいスキンケアはとりあえず「苦痛除去」を最優先、話はそれからだ。

 

X前のスキンケアの健康な肌にをけなす
前医の健康な肌に跡を熱心にけなすのは、自分の肌トラブルに悩む人にしようとしているスキンケアかもしれない。よいスキンケアほど、ことばをよく選んで、「けなす」印象を避けるもの。

 

◎痛いときの合図を決める
痛かったら、左手を挙げてください、すぐやめます――などと約束するスキンケアが増えてきた。痛い表情は、スキンケアには分かるという。しかし、分かっているかどうか、肌トラブルに悩む人には不安。その「安心策」だ。肌トラブルに悩む人の気持ちに添ってくれる指標の一つといえそう。

 

x痛いのに平気で処置を続ける
前項のように、肌トラブルに悩む人が痛いのは、スキンケアにはまず百%分かる。事前に説明や納得もなく、声をあげても痛い健康な肌にを続けるスキンケアは、肌トラブルに悩む人の身にならない点でも、無痛技術を駆使しない点でも、前時代的。完全に失格。