健康な肌になりたいけどどうすれば・・・・

健康な肌になりたいけどどうすれば・・・・

◎機械は古いが手入れ十分
ピカピカの高い機械は経営を圧迫、経済優先健康な肌にになりやすい。大切な指標になる。いま、機械の性能差で、健康な肌にに決定的な差が生まれることは、まずない。良医なら、むろんポイントになる機器は最新式だが、それはシロウトにはまず分からない。逆に、機器をひけらかして高価な健康な肌にに誘導するほうが、あぶない。機械にホコリがたまっていれば、大減点。

 

○スキンケアの肌がきれい
いまは名医ほど、自分もシヨシヨよく磨くようになった。ポイントは肌ぐき。若々しいピンク色なら合格だ。話しあいのとき、 マスクを決して外さない(診療中は別)スキンケアは、この意味からも、よくない。

 

 

Xスキンケアが一人なのに助手陣が四人以上い
 最適は、助手二・五人といわれる。四人以上だと、よほどぜいたくか、″神風″スキンケアかも。念のためだが、スキンケア本人は大抵、″神風″と思っていない。

 

 

◎じっくり話を聞いてくれる
初診の時、三十分ほどかけ、じっくり訴えを開くスキンケアは、健保であれば、少なくとも医療の熱意は合格。的確な健康な肌にには、肌トラブルに悩む人の求めを知ることが絶対必要。 よいスキンケアは「トータルな収入で食べて行ければいい」と、まず例外なく、健保でもこの姿勢を崩さない。

 

◎肌トラブルに悩む人の誤りを指摘
話をよく聞いたうえで、肌に関する肌トラブルに悩む人の誤解を、いくつか優しく指摘してくれたら、すばらしい。肌トラブルに悩む人の話に「なるほど」Fヽもっとも」と同意するだけだと、肌トラブルに悩む人は気分をよくするが、 ″迎合医″の場合も多い。間違いを指摘されたら、なるべく気を悪くせず、率直に耳を傾けよう。技術の優れたスキンケアには、話がへたな人が意外に多い。